スポーツをしているこどもに向けた食事の基本

スポーツをしているこどもは、大きく分けると二つの運動をしています。

それは有酸素運動と、筋肉トレーニングです。

例えば野球をしているこどもがいるとします。

練習内容はランニング、ダッシュなどの足腰を鍛える基礎練習が欠かせません。

ランニングは有酸素運動なのでカロリーを消費します。

おとなならダイエットができた喜ぶところですが、新陳代謝が高いこどもの場合は、痩せてしまいます。

なので、ご飯、うどん、パスタなどの炭水化物を朝食でとるようにしましょう。

ダッシュは無酸素運動で、筋肉トレーンニングに分類されます。

他にも腹筋運動、懸垂や腕立て伏せなどの筋トレも実施されると思います。

これらの筋トレを行うと、いったん筋肉は破壊され、再合成されるときに、超回復という、今までの筋肉よりも強い筋肉に生まれ変わります。この繰り返しが体を強くします。

再合成されるときに必要なのが、タンパク質です。

タンパク質は牛肉や、豚肉などの肉類か、サンマやマグロなどの魚類、または大豆などの豆類に含まれています。

タンパク質が不足すると、再合成がうまくいかず、トレーニング効果が低くなり、疲れも取れにくくなります。

なので、朝練をするこどもの場合は、お弁当にタンパク質が多い食材で作った料理を入れるか、または牛乳などをとるようにすすめるといいでしょう。同じく夕飯でもタンパク質を多く含んだ料理で、練習でダメージを受けた体を回復させるといいでしょう。

ヨシケイの食材を使ったアレンジ

ヨシケイの夕食食材の場合、定番おかずシリーズですと「野菜」が多めの傾向がわかってくると思います。

主菜1つと副菜2つがメインとなるとスポーツをしている子供には物足りなさがあるかと思いますので、ここに豚肉や牛肉の炒めものをプラスすると良いと思います。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ