白米に合うメニューをヨシケイで補う

3兄弟の我が家では、食欲旺盛な育ち盛りなので、毎日夕食のメニューは、お腹がいっぱいなるメニューを考えます。

上2人はまさに食べ盛りなので、白米は1人一合は食べます。

大皿料理を丼ぶり飯にのせて、一気に流し込む様な勢いですよ。

どうしてもお肉中心の食事になってしまうので、なるべく油を取って調理します。生姜焼きやトンカツも油を取りますし、豚バラ料理は、あまり作らないです。小さな頃から油っぽい食事をしていないので、逆に油分が多いと食べませんよ。

野菜不足にもなるので、必ず具沢山味噌汁を作ります。3種類くらいの野菜や豆腐などをたっぷり入れて、朝食と夕食に食べさせています。

サラダは食べなくても、お味噌汁で補ってますよ。ヨシケイの宅配所句材を使うとよく具だくさん味噌汁がメニューに出てくるのでそれも助かっています。

魚料理では、あまりご飯のおかずにならない、と言うので、ただ焼き魚だけと言うメニューはほぼありません。

それでも魚も食べさせたいので、人気メニューは、2日間煮込んだサバの味噌煮(生姜、サバを薄めの煮汁でゆっくり煮ます)、トラウトサーモンのバジル焼き(サーモンをオリーブ油で焼き、焼けたら取り出して、そのフライパンで、バター、白ワイン、レモン汁、塩コショウ、バジル、お醤油でソースを作ってサーモンにかけます。)、サンマの蒲焼(サンマに生姜醤油で下味をつけてから、片栗粉をまぶしてこんがり焼きます。甘しょっぱいタレの中に焼いたサンマを入れてコトコト煮ます。)。

このメニューの時は、ご飯がススム様です。

飲み物もお茶が1日に3~4リットル無くなるので、ジュースは買い置きせずに、ヘルシーでボリュームのあるメニュー作りをしていますよ。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ