食後の「お腹すいた」にヨシケイで対応

私の子供は去年中学校に入学して野球部に入部してから、生活サイクルが小学生のころに比べて大幅に変わりました。

小学生のころは学校が終わると私がすぐに車で迎えに行っていたので、自宅に帰る時間は遅くても16時30分ぐらい。運動量も多くなく、授業でサッカーをやったりするくらいでした。

食べる量もそんなに多くなく、ご飯茶碗多めの一杯の御飯と、おかずが二品ぐらい。それと味噌汁で十分でした。たとえば朝ごはんといえばハムエッグ、ミックスベジタブル、味噌汁、牛乳くらいで「もうおなかいっぱい。」と言っていたのですが、中学校に入学すると、まず部活動が平日毎日あり、帰りは夏なら19時すぎ、冬場なら18時です。

基礎体力をつけるためのトレーニングも、子供にとってはきついものらしく、うちに帰ってきてはすぐ眠ってしまうこともたびたびあります。そんな中でものすごく変わったのは食事の量。食事の好みも変わったように思いますね。

親子2人で1日3合だったのが1合増えて4合になり、朝食も小学校と変わらない献立を作ったりすると、いつの間にか私の分まで食べてしまっています。

献立でいえば、朝ごはんではどんぶりごはんに、サバの味噌煮とトン汁、ハムエッグに、牛乳で、食後「あー食った食った。」

登校前にはランチパックのパン1個を平らげています。

それでも肥満ではなく、健康診断でも異常はない。体格はがっしりとした感じになって小学校のころと比べるとあまりの違いにびっくりしていますよ。

気を付けていることといえば、タンパク質をほしがるのでヨーグルトなどは切らさないようにしていることと、ほかには夕飯時おかずが足りなくならないようにフライパンいっぱいおかずを作ることで、そうしないと私のおかずがなくなってしまうのでかなり多めに作るようにしています。

ワンポイントヒント
中学生のお子さんの場合、夕食後~寝るまでにまたお腹が空いてしまうことも少なくありません。

「また夕食作るのー??!」なんてことになっちゃったら面倒です。ヨシケイの夕食セットはこんなときもサッとレンジでクッキングか湯煎で出来て簡単。品数も選べるし価格も手頃なので中学生のお子さんにも大好評です。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ